忍者ブログ
かのんの観た映画の感想など、のほほんと綴ってます♪
[14]  [13]  [103]  [12]  [11]  [10]  [9]  [8]  [7]  [6]  [5
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 監督 スティーヴン・スピルバーグ
 出演 トム・ハンクス ダコタ・ファニング ティム・ロビンス


uchuu.jpg

最初に数分でトム演じる、レイの仕事はできるけどちゃらんぽらんなダメ男なとこが上手く表現されてましたよね。
子供が怯えてるのを分かっているのに好奇心に勝てずに、逃げつつもトライポッドが地下から出てきて、人を襲っているのを見てしまうのも無理なく納得しちゃいました。
それにしても相変わらずダコタちゃんの演技は人をひきつけますよね!
あの表情、子供とは思えないですね。
兄のロビーが家族から離れて戦おうとしているのを必死で止める姿は涙を誘います。
結局は行ってしまうんだけど、年頃の男の子としては戦わずにいられないものなのかしら?
このロビーの行動には許せないって意見が多いみたいだけど、私はなんとなく理解できるような気がします。
そうそう、敵の描写もさすがスピルバーグって感心しちゃう出来ですよね!
トライポッドが地面から現れる様も出てきてからの様子も、違和感も感じることなく、ハラハラドキドキが続きました。
最初は建物を壊して人も一瞬にして灰にして、そのうち赤い草が出てきたり血を吸い取ったりといろいろな恐怖が襲ってきて、もう地球は終わってしまうのかなって諦めてしまいそうになりました。
ティム・ロビンスの狂気な演技がまともな反応なのかもと思えるほど、危険がたたみ掛けるように襲ってきますよね。
最初からずっと続くハラハラドキドキの連続で、もう助かる方法なんてなさそうにも思えたのに、ラストは意外にもあっさりとしたものでした。
結局は地球を侵略しようとしてた彼らは地球では長くいられなかったってことですね。
このあっさりとしたラストもいろいろと言われてますけど、私はこういうラストでよかったと思います。
あまりにも強すぎて本気で立ち向かったところで所詮人間では倒せそうになかったもの。
レイは一基倒したけどね、日本では大阪人が倒したらしいけどね。笑

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
かのん
性別:
女性
自己紹介:
映画とjohnny depp、ネコが大好きなかのんです♪
お気楽にコメント残してくれると嬉しいです☆
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
[10/14 かのん]
[10/13 みじんこ]
[10/11 かのん]
[10/10 みじんこ]
[10/10 みじんこ]
[09/21 かのん]
[09/21 Jennfier]
[09/16 かのん]
[09/15 みじんこ]
[09/09 かのん]
最新トラックバック
フリーエリア
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]