忍者ブログ
かのんの観た映画の感想など、のほほんと綴ってます♪
[61]  [60]  [59]  [58]  [57]  [56]  [55]  [54]  [53]  [52]  [51
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 監督 ティム・バートン
 出演 ジョニー・デップ ヘレナ・ボナム=カーター エミリー・ワトソン


corpse.jpg

ジョニーのセリフが思ってたよりも少なくって、ちょっとガッカリしましたが、いいお話でしたねぇ。
どっちの方向にお話が進んだとしても、切なくなるんだと覚悟はして観たけど、やっぱり少し泣けてしまいました。
ティム・バートン監督って、ちょっと切なくてちょっとブラックでちょっとおかしいっていうお話が多いですよね。
これも正にそういうティム・バートンの世界というストーリー。
お人形たちも可愛くって個性的でちょっとブサイク(笑)で、切ないストーリーを強調しすぎないでブラックなおかしさをプラスしてくれてて合ってましたねぇ。
はぁ、それにしてもジョニーの演じてたビクターの情けないこと!
ジョニーったら「あぁ」とか「はぁ~」とかばっかり言ってるし、『ビクター、しっかり!』『頑張って!』って応援しつつも情けないビクターを楽しんで演じてるジョニーを想像して一人にまにましてしまいましたぁ♪
ビクターとビクトリアが惹かれあうのは分かりきった決まりごとのような展開なんだけど、唐突なようなのにムリがなくって2人が自然と惹かれてくのが伝わってきましたね!
親が決めた結婚とはいえ、純粋な2人が遠慮しながらも惹かれていって結婚への気持ちが高まっていくのを見てると心がほっこりしました。
でもビクターってばコープスブライドにプロポーズしちゃうんですよねぇ。。。
コープスブライドも悲しい過去があって、ビクターのプロポーズに救いを求める気持ちも分かるんですよね。
本当に切ないです。
この世の世界は渋いモノトーンで表現されてて、あの世のほうはちょっとカラフルな色使いなのも不思議な空気をより感じられてよかったわ♪
これはストップモーションアニメというらしいですね。
観ているとこれが普通のアニメやCGではなくって、1コマ1コマ手間をかけて撮ったんだということは忘れてしまいそうなくらいに人形の動きもスムーズだったし、周りのセット?とも自然に溶け込んでましたねぇ。
ストップモーションアニメっていうと、クレイアニメをすぐに思い出すけれど、こういう人形を使ったものだと、より細かい表情の変化なんかは難しそうに思いますね。
でもビクターの情けない表情や、ビクトリアの切なそうな表情が、これが人形だとは忘れてしまうほど細かく表現されてて、ほんとビックリでした!

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
かのん
性別:
女性
自己紹介:
映画とjohnny depp、ネコが大好きなかのんです♪
お気楽にコメント残してくれると嬉しいです☆
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
[10/14 かのん]
[10/13 みじんこ]
[10/11 かのん]
[10/10 みじんこ]
[10/10 みじんこ]
[09/21 かのん]
[09/21 Jennfier]
[09/16 かのん]
[09/15 みじんこ]
[09/09 かのん]
最新トラックバック
フリーエリア
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]