忍者ブログ
かのんの観た映画の感想など、のほほんと綴ってます♪
[128]  [134]  [137]  [136]  [184]  [159]  [145]  [143]  [182]  [139]  [147
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

監督 ジョン・リー・ハンコック
出演 サンドラ・ブロック クリントン・アーロン


54fe8445.jpeg

実話が元になったノンフィクション小説の映画化。

サンドラ・ブロックが母親役てどうなん?
て、思ったけどイイ
肝っ玉母ちゃんがはまりすぎですヾ(≧▽≦)ノギャハハ☆
実際のアン・リーが元チアリーダー、全米ライフル協会会員で共和党員でクリスチャン、
なんだかとっても「元気」なお母ちゃんなんですよね!
だからこそ成し得たことなんだろうな。。。

サンドラ・ブロックはこの作品でオスカーを獲得したけども、私はマイケルを演じた
クリントン・アーロンが素晴らしいと思いました。
もちろんサンドラも本当に素晴らしかったのだけど、彼の演技は時々ぐっとくるものが
あったんですよね~。
大きな体とはうらはらに優しくて気の弱いマイケルを好演してました。
自分のベッドを持つのが初めてだと言うシーンでは涙がこみ上げてきましたよ。
寡黙な彼のちょっとした表情の変化に一喜一憂しながら観てました。

実際の彼は才能もあったし、努力もしたし、心のキレイさで幸せを掴めたのだと
思うけど、それだけではなくってやはり運にも恵まれましたよね。
少年時代には信じられないほど過酷な生活を強いられてしまっていたのだから
それだけの幸運が待ってて当たり前なのかな?
それでもアン・リーの家族みんなが快く受け入れて見守ってくれたこその
しあわせだと思う。
最後に出てきた不幸な最後を迎えてしまった青年の話、アン・リーが「うちの息子にも
起こりえた」と言ってたことが印象に残りました。。。
ほんのちょっとのことなんんだろな、その差は。。。
 

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
かのん
性別:
女性
自己紹介:
映画とjohnny depp、ネコが大好きなかのんです♪
お気楽にコメント残してくれると嬉しいです☆
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
[10/14 かのん]
[10/13 みじんこ]
[10/11 かのん]
[10/10 みじんこ]
[10/10 みじんこ]
[09/21 かのん]
[09/21 Jennfier]
[09/16 かのん]
[09/15 みじんこ]
[09/09 かのん]
最新トラックバック
フリーエリア
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]