忍者ブログ
かのんの観た映画の感想など、のほほんと綴ってます♪
[178]  [160]  [175]  [111]  [113]  [112]  [110]  [109]  [108]  [174]  [173
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

監督 クリント・イーストウッド
出演 アンジェリーナ・ジョリー ジョン・マルコヴィッチ 

ある日突然子供が消える。tye.jpg
数か月後に母のもとに戻って来た少年は別人だった。。。
て、聞くとミステリーなの?って持ってたけど、そーじゃなかったですね。
これ実話だそうですねぇ。
1928年ロサンゼルスで本当にあった物語。
いつも強くてかっこいい女の役をしてるイメージのアンジーだけど、こういう役もできるのね~。
子供を想い、無事に帰ってくると信じ、祈り戦う母親。
いつもとは違う強さ。これが母の愛なのかな?
連続殺人を扱う映画はたくさんあるけど、実話だと説得力が違うわぁ。
連続殺人、息子の失踪だけじゃなく、警察の怠慢や腐敗、ありえない横暴、いろんな問題が盛り込まれています。
今の時代に生きてる私には理解しがたい警察の腐敗、今はここまでじゃないよね???
それにしても、現代ならば警察の横暴や腐敗を断罪する方法っていろいろとありそうだけども、1928年のロサンゼルスでこれだけの大きな組織と戦うのは大変なことだったでしょうね。
あくまでも「息子を探したい」という願いが第一なのだから、敵に回してただ断罪するだけではダメなのだし。
クリスティンは心が折れそうになったりしなかったのかしら?
希望を失うこともあったはず。
それでも最後まで息子を探し続けたそうですね。
息子の安否が分からぬまま探し続けるのと、悲しい結果を知らされるのとどっちが辛いのかしら?
クリスティンの強さ、同じ女性として、人として尊敬します。

そそ、ジョン・マルコヴィッチはと~~~ってもいい役なんだけど、アップで映るたびに笑えてしまうのは私だけ?w
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
かのん
性別:
女性
自己紹介:
映画とjohnny depp、ネコが大好きなかのんです♪
お気楽にコメント残してくれると嬉しいです☆
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
[10/14 かのん]
[10/13 みじんこ]
[10/11 かのん]
[10/10 みじんこ]
[10/10 みじんこ]
[09/21 かのん]
[09/21 Jennfier]
[09/16 かのん]
[09/15 みじんこ]
[09/09 かのん]
最新トラックバック
フリーエリア
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]